IoTに挑戦だ!!「一点集中主義」

  • showshow
  • 0 390

どうも代表をしております。showです。

この前、Barで飲んでいたら「ショウくんはイベント屋さんでしょ?」って言われて

世間からの目はそうなんだろうなと、再認識した次第です(苦笑)。

株式会社birthはエンターテイメントをこよなく愛するIT企業です。

あらためて、よろしくお願いいたしますm(__)m w

 

 

弊社で開発している店舗・EC連動型のCRM(顧客管理システム)が

3月14日、ホワイトデーの日に試験版納品になり

ヒヤヒヤな時期を送っている弊社のエンジニアチームですが

それと並行して最近、「IoT」に挑戦をし始めました。

昨今、メディアを賑わしている「IoT」とは何ですの?

直訳すると「モノのインターネット」

パソコンやスマホだけでなく

「モノ」がインターネットにつながることで

生活を便利にしたり、業務効率を上げよう!というものです。

個人レベルの生活で言えば、今でも十分便利でこれ以上便利になると

人間(動物)らしい生活ができないのでは?って

「便利になりすぎる」世の中に疑問を覚えたりしますが・・・

 

 

IoT NEWS』をみると、実際に世界で起きているIoTの潮流がわかるかもしれません。

「理研、東芝・NEC・富士通と理研AIPに連携センターを開設、次世代AI基盤技術の開発から社会実装までの研究を行う」

なんて、超大手企業参入のNEWSが飛び交い、産官学合同開発というのも聞いたりします。

大手より資金力のないミジンコのようなベンチャー企業がIoT戦国時代でどのように戦っていくのか?

やはりポイントは、ニッチな視点でありながらも業界的には課題とされている事を見つけ「一点集中主義」でやりきることかと思います。

世の中には、その行為が日常当たり前すぎて、「見ぬふりしている課題」がたくさんあると思っています。(僕はまだ沢山は見つけられていませんが・・・)

ことビジネスにおいては「見ぬふりしている課題」を解決することで業務効率を上げられることが多いのでは??

と仮説を立てています。

また「IoT」のいいところは「商品売り切り」ではなく

モノがインターネットとつながっていることで「継続的に情報を取得」できる

取得した情報から更なる課題解決を考えることができる事だと思います。

ビジネス的には、そこに新たなビジネスチャンスが生まれてくるであろうと期待もできます。

 

 

ただ

IoTによって生活や業務の細かなことが距離の近い遠いに関わらず

モニタリング、コントロールできるってことで

「トイレの利用状況で高齢者の健康状態をモニタリングできる」

「炊飯ジャーの利用状況により恋人ができたかもがわかる!?」

「鍵の利用状況で夜遊びの度合いがバレる!?」

なんてことが明確にわかったり、推察されたりするので

企業が取得したデータを悪用しないような包括的なルール作りが必須では?!と思ったりもします。

 

 

 

正直、今でも会社としてIoTに挑戦するのは

資金的には怖い!!失敗したらどうしよう・・・って気持ちはメチャクチャありますが

「一点集中主義」。大手とは違った視点でIoTに挑戦していこうと思っています。

 

 

show

show

株式会社バースの代表をしております。

北海道旭川市出身です。

男子新体操というアクロバット競技を14年くらいしておりました。

29歳くらいまで現役だったので、志だけ高い、すごく貧乏なアマチュア選手をやっておりました。

アメリカで2年間、指導員をしたりして税金も大して納めず、生産性のない生活を送っている中でエンターテイメントとマーケティングに興味を持つようになり

30歳の時に日活株式会社と業務提携して、映像の世界を知ることになりました。以来、映像やイベントに関わる制作業務をしてきましたが・・・

深夜、武道館に寝泊まりしたり

金曜日の19時に修正入って「月曜朝一に戻してね」案件が

きつくなってきて

俺はこの仕事を65歳まで続けられるだろうか?

って自問自答する時期があって

そうだ、WEBマーケティングとアプリ制作をしてチャリンチャリン・ビジネスをしよう!!って思うようになり。(今考えれば超安易)

一人のお金では足りないので、投資家を探す旅に出たところ

当時、通販のインフォマを制作した時の社長と話が合って

福岡市に株式会社birthを設立しました。

そんなこんなで、超安易だったビジネスモデルは崩壊して、余裕で資本金も食いつぶして、アプリやらシステムやらを作っている毎日です。

今年の夢は

居酒屋のカウンターでたまたま隣に座っている女子大学生たちが「このアプリ知ってる??面白いよ!!」って言ってキャッキャ盛り上がっている姿を見ることです。

面白いものはおじさんが作っている!!