アルバイトを始めて3日目の僕がbirthという会社に入って思ったこと。

 

 

初めまして。

株式会社バースにインターンアルバイトとしてやってきました大学生のShun(シュン)と申します。

 

(自己紹介)

 

・とても寒いところの出身。

・福岡は4年目です。

・バク転とか宙返りをメインに生活している極々一般的な大学生です。

 

 

 

 

先日、社長と飲みに行ってる時に「ウチでバイトしてみろよ」と言われ

 

もともとIT業界に興味があったのでアルバイトをすることになり

 

今日で3回目の出勤です!

 

 

 

 

 

「ちょっと待て、社長とはどんな関係なの?」

って思いますよね。

 

ざっくり言うと、社長とは先輩後輩の関係になります。(バク転や宙返りの)

 

もちろん、私が後輩ですよ。(バク転や宙返りの)

 

社長に最初に会ったのは僕が中学1年生の時だったと思います。

 

当時(バク転や宙返りの)講師として僕が通っていた中学に来てくれていた社長の第一印象は

 

 

 

 

毒舌  社長に怒られるかな・・・・

 

 

 

 

部活の先輩達がナイフのような毒舌の餌食になっているのを見ていた中学1年生の私は怖くてとても近寄れませんでした。

 

そんな時代もありましたが、時を重ねるうちに、お互いに福岡に住んでいることも判明し

 

今では、2人で飲みに行ったりする仲です。 社長いつもありがとうございます。

 

つまり、社長とは知り合って10年が経とうとしているってことですね。実はバースの社員さん達より僕の方が歴史が深いのです!

 

社員さんにこれを話すと非常に驚きます。

 

そして、

 

 

社長ってその時どんな人だったの?

 

今と変わらない?…あーそう、やっぱり?

 

大変だったね。怪我はない?保険室行こっか。

 

 

 

などと、多くの質問をいただきました。

 

社員の方々は、とても社長に興味があるようです。

 

社長、愛されていますね。←

 

 

 

 

バースにアルバイトとして出勤した初日はというと

 

実は、とても緊張していました。

 

初出勤数日前に社長から「あえてスーツで来て」という意味深なメッセージがきたからです。

 

大学生の僕にとってスーツを着用するシーン=お固い場面です。それしかありません。

 

 

 

そして当日、しっかりスーツで出勤したところ

 

 

 

 

(え…)

(コイツ、なんでスーツ・・・?)

(就活かよ)

(バースでスーツ来てる人1年ぶりに見た)

 

 

 

 

という空気で、社員の方々はドン引き。

 

 

しかも、この日は

 

社長不在

 

 

おかげさまで、完全に単独事故を起こした形になり

 

何もしていないのに完全にスベった感じで初日の研修がスタートしました。

 

 

でも、社員の方々がとてもあたかかく優しくしてくれるので、アットホームな会社なんだなと感じました。ヒートテックな会社なんだなと感じました。

 

 

 

 

 

そしてなぜ、アルバイトの私がブログの記事を書いているのかと言いますと・・・。

 

 

 

 

やることがなくなりました。

 

 

 

あれ・・・

 

まだ三日目・・・

 

もうこなくていいの・・・?

 

 

少しずつWebの勉強をして、Webの仕事(アルバイト)を始めていくぞー!と意気込んでの出勤

 

 

私が担当するはずだった仕事がすでに解決された旨を宣告され・・・

 

 

 

「えーっとね、あー…うん、ブログとか書いてみれば?知らんけど。」

 

 

 

ということで、まさに今ブログを書かせてもらっています。

 

 

 

今は勉強がメインとなっているので

 

しっかりと働けるように勉強を頑張っていきたいと思います!!

 

以上、shunでした。

 

 

 


 

 

と、いうことで

 

birthデザイナーのイマトミです。こんにちは。

 

「shunくん、ブログは内容チェックして多少整えて公開しておくから今日は帰っていいよ〜」と告げ、こうして勝手に続きを書いています。人のブログをジャックするっていいですね。なんだかワクワクします。

 

さて、当初の任務がなくなってしまったshunくんに何の業務を頼もうか悩んだ後、IT業界へ強い憧れを抱いているっぽかったのでとりあえず「ブログとか書いてみれば?知らんけど」と言ってみたものの、次回から何を任せればいいのか。

 

ただの雑用だと申し訳ない、これから社会へ羽ばたく大学生のためになる役割を与えてあげたいなと思っています。

 

ただ彼に何が出来るのか、どんな大人になりたいのか正直そこまでの話はまだしていないので、このブログからヒントを探してみましょう。

 

 

【shunくんをプロファイリングし、適正な役割を考えてみた。】

 

 

・ITに興味があり、ブログを積極的に書いてくれる

・バク転、宙返りなどができる

・なにやらスーツの着用を後悔しているらしい

・北国育ちで寒さに強い

・体育会系なので先輩(社長)の命令には逆らえない

 

 

 

なかなかいい素材を持っていますね。

これをもとに考えてみましょう。

 

 

 

・ITに興味があり、ブログを積極的に書いてくれる

→大学生の吸収力でどんどん学び、ブログで発信してほしい。

 

 

・バク転、宙返りなどができる

→これは活かしていきましょう。

 

 

・なにやらスーツの着用を後悔しているらしい

→スーツなんて脱げばいいと思います。

 

 

・北国育ちで寒さに強い

→つまり彼に衣類は必要ない。

 

 

・体育会系なので先輩(社長)の命令には逆らえない

→「好きにしてください」と捉えます。

 

 

 

そして僕は考えました。ハラスメントギリギリのラインで。ギリギリアウトのラインで。3日かかりました。

 

構想は固まりました。

 

 

 

「shunの全裸アクロバットブログ(シモ半期編)」

 

・社員のモチベーションを僕の全裸宙返りで高めてみた

・自慢のアクロバットを定例会議の前座に全裸でやってみた

・全裸バンド組んでインディーズデビューしてみた

・僕の大学生活を赤裸裸に語ってみた

・大学を卒業間際で自主全裸退学してみた

・などなど

 

 

 

これを次回、彼に提案してみようと思います。